気になるレーシック手術の使用器具

レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:2018/10/15

シェイプアップには、適度な運動が欠かせませんが…

普段、運動不足気味という人は、
運動をした翌日には筋肉痛を感じるかもしれません。

筋肉痛まではいかなくても、
体がだるかったり、疲労感を感じるのは当たり前の話です。

筋肉痛や体のだるさを感じる理由として、
運動をしたことによって、筋肉が傷つくことが考えられます。

傷ついた筋肉を直し、
より強い筋肉を作り出すときに、筋肉痛を感じるんだそうです。

また、運動をすることによって、
筋肉には乳酸がたまってきます。

乳酸は疲労物質として知られていますが、
乳酸をはじめとした疲労物質が血液中にたまって、
血行の悪化を引き起こしているために
疲労感を感じるといわれています。

こういった運動の後の不快感を解消するためには、
軽めの運動を行うことがいいみたいですよ!

軽めの運動をすることによって、
筋肉痛や体のだるさを取り除くことを
「アクティブレスト」というそうです。

代表的なアクティブレストとして、
ウォーキングやストレッチといった運動が挙げられます。

いずれも負荷が低く、なおかつ筋肉を動かすことで、
筋肉をほぐす効果があります。

筋肉痛となっている筋肉は、硬くなってしまっています。
そこで、ストレッチやウォーキングといった運動を行うことによって、
筋肉をほぐすことができるわけです。
すると筋肉が柔らかくなり、
血液内にたまっている疲労物質の排出もスムーズとなります。

なので、体のだるさや筋肉痛の解消に役立つのです。

激しい運動をした後こそ、
軽めの運動をすることで回復を早めて、
シェイプアップをスムーズに実践しましょう!


ホーム サイトマップ