目に疾患がある時のレーシック

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。

スマートハウスの専門
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/
スマートハウス



目に疾患がある時のレーシックブログ:2018/02/11

皆様は
「国立病院シェイプアップ」というシェイプアップ法を、
聞いたことありますか?

これは、
ノルウェーの
肥満治療を行なっているクリニックが提唱したという説や
ノルウェーにある国立病院で提唱されたという説などがありますが、
はっきりとわかっていません。

日本の国立病院では、
このシェイプアップ方法は全く無関係であると言っています。

また、
国立病院シェイプアップには
おかしな点もあります。

この国立病院シェイプアップとは、
どのような方法なのかというと…

と14日間いう期間の中で
決められたメニューだけを食べ続けるという
シェイプアップ法です。

主なメニューは
ゆで卵、グレープフルーツ、ブラックコーヒーなどで、
かなり栄養が偏っていますよね。

これを食べ続けることで、
体内組織が化学変化を起こして、
太りにくい身体になるということなのですが、
実際にはあり得ないことだそうです。

かなり怪しいシェイプアップ法だと思いませんか。

実際に
このシェイプアップ法を試してみた人の話では…

二日間は頑張ってみたそうですが、
三日目頃から血糖値が急激に下がってしまい、
震えがするなど、身体の調子が悪くなってしまったそうです。

その結果、確かに痩せたそうですが、
かなりやつれてしまい、
全く美しさがなくなってしまったとのこと…

この国立病院シェイプアップのほかにも、
怪しい危険なシェイプアップ方法はたくさんあると思います。

提唱者が不明なものや
内容がおかしなものは、決して試してみたりしない方がいいと思います。

身体を悪くしてしまっては、
元も子もないですもんね。




ホーム サイトマップ